美容技術理論

10.⭐️ヘアセッティング③(ヘアウェービング) まとめ

<<チェックポイント>>

美容技術理論では、

  1. 美容技術理論
  2.  まつ毛エクステンション
  3.  理・美容器具 ・ 色彩及びデザイン

が【重点項目】とされています。要チェックです。

 

ヘアウェービング

ウエーブとは?



A.波状になっている毛髪のことをウエーブといいます。

ヘアウェーブの分類

ヘアウェーブには、以下のような種類があります。

  1. パーマネントウエーブ…パーマネント用剤を用いてつくるウエーブ
  2. フィンガーウエーブ…ローションなどを使って、コームと手指でつくるウエーブ
  3. カールウエーブ…ピンカールを用いてつくるウエーブ
  4. ローラーウエーブ…ローラーを用いてつくるウエーブ
  5. アイロンウエーブ…アイロンの加熱でつくるウエーブ

これより下では、②フィンガーウエーブカールウエーブ④ローラーウエーブについて詳しく見ていきます!

↓①パーマネントウエーブはこちら

13.⭐️パーマネントウェービング②(パーマ技術・縮毛矯正技術) まとめ <<チェックポイント>> 美容技術理論では、 美容技術理論  まつ毛エクステンション ...

↓⑤アイロンウエーブはこちら

8.⭐️ヘアセッティング①(基礎・パーティング・シェーピング・ブロードライ・アイロン・バックコーミング・ウィッグ) まとめ <<チェックポイント>> 美容技術理論では、 美容技術理論  まつ毛エクステンション ...

ヘアウェーブ各部の名称

①ビギニング(起始点) ②トロー(谷) ③リッジ(隆起線)④エンディング(終止点) ⑤オープンエンド(開口) ⑥クローズドエンド(閉口)

①ビギニング(起始点)

ヘアウェーブの始まるところをビギニング(起始点)といいます。

②トロー(谷)

ヘアウェーブのウェーブの沈んだ部分をトロー(谷)といいます。

③リッジ(隆起線)

ヘアウェーブのウェーブの盛り上がった部分をリッジ(隆起線)といいます。

④エンディング(終止点)

ヘアウェーブの終わるところをエンディング(終止点)といいます。

⑤オープンエンド(開口)

ヘアウェーブの凹状の部分をオープンエンド(開口)といいます。

⑥クローズドエンド(閉口)

ヘアウェーブの凸状の部分をオープンエンド(開口)といいます。

③カールウェーブ

カールウェーブとは?



A.ピンカールを用いてつくるウエーブのこと

ウェーブをつくるためのループの大きさ(過去問出題)

ループの直径(外径)とウエーブ幅には、次のような関係があります。

ウエーブ幅×2/3 =ループの直径(外径)

例)カールウェーブで、求めるウエーブ幅が3cmの場合、ループの直径は2cmになります。

ループの直径(外径) × 1.5=ウエーブ幅 ともいえます。

ベースをとるためのスライス線は、ウエーブの幅の1/2(ウエーブの中心)であり、ループの直径はウエーブ幅の2/3、カールスぺースはウエーブ幅の1/3(ループの直径の1/2)となります。

カールスペース = ウエーブ幅 ー ループの直径 = ループの直径の1/2

ウェーブが形成されるときの性質をしっかりおさえましょう!1/2、2/3、1/3などの数字をしっかり覚えましょう!

ピンカールの接続

ピンカールどうしをスムーズに接続するためには、ピンカールをほどいた大きさがループの直径の1.5倍の大きさになる性質をふまえ、カールスペースとステムの方向を考える必要がある。

問題

ヘアウェービングに関する次の(  )内に入る語句の組合せのうち、正しいものはどれか。

「カールスペースをつくるベースを取るためのスライス線は、ウェーブ幅の( A )であり、ループの直径はウェーブ幅の( B )、カールスペースはウェーブ幅の( C )となる。」
A     B     C
(1)1/3 ── 1/2 ── 2/3
(2)1/2 ── 2/3 ── 1/3
(3)1/3 ── 2/3 ── 2/3
(4)1/2 ── 1/2 ── 1/3

正解)(2)

ピンカールを巻く順序とステムの方向

ストランドカール

ストランドカールは、ステムの方向(クローズドエンド)から巻きはじめるのが基本です。

【クローズドエンドから巻くもの】

  • メイポールカール
  • リフトカール

シェーピングカール

シェーピングカールは、ストランドカールとは反対で、ステムの方向の逆側(オープンエンド)から巻きはじめます。

【オープンエンドから巻くもの】

  • スカルプチュアカールなど

クロッキノールカール

クロッキノールカールには、オープンエンドから巻きはじめる(メイポールカールから接続する)方法と、クローズドエンドから巻きはじめる(フィンガーウェーブから接続する)方法の2つの方法があります。

クロッキノールカール メイポールカールから接続 オープンエンドから巻く
フィンガーウェーブから接続 クローズドエンドから巻く

スキップウェーブとは?

A.スキップウエーブとは、フィンガーウエーブとスカルプチュアカールが交互に配置されたものをいいます。

スタートはフィンガーウエーブでも、スカルプチュアカールでもどちらでもOK。

ターンステムとは?



A.ターンステムとは、1つの毛の動き(ムーブメント)を、巻く向きが同じ2つ(2段)以上のピンカールで、作ることをいいます。

つまり、

一つのウェーブを作るために、二個以上ピンカールを作ったもの

これをターンステムと言います。

ターンステムでは、曲線を描くようにターン(方向転換)させ、毛流がきれいに接続するようにします。

1つのピンカールの場合は、カールスペースがウェーブの1/3必要ですが、ターンステムでは、カールスペースをつくる必要がありません。

ローラーウェーブ

カールウエーブのステムの方向や角度、ループの大きさなどは、 ローラーによって置き換えることができます。

また、ローラーを使えばボリュームのあるウエーブを簡単につくることができます。

ローラーカールについて詳しく知りたい方はこちら

9.⭐️ヘアセッティング②(ヘアカーリング・ローラーカーリング) まとめ <<チェックポイント>> 美容技術理論では、 美容技術理論  まつ毛エクステンション ...