ヘアカラー

【カラー理論】2剤のOXコントロール方法!

2剤の%の種類

カラー剤の2剤には、主に以下の種類があります。

  1. 6%
  2. 4.5%
  3. 3%以下

2剤の1剤に対する割合

1剤に対する2剤の割合は、主に以下の通りです

  1. 等倍
  2. 1.5倍
  3. 2倍

%と倍率のコントロール方法

%と倍率のコントロール方法を表にまとめると以下の通りです。



6% × 2倍
  • ハイトーンのときなどメーカーが指定する場合
  • 残留色素を可能な限り取り除きたいとき
  • 透明感のある色にしたいとき
  • 新生毛から12~13レベル狙いのとき
  • トーンUP~トーンDOWN
6% × 1.5倍
  • ハイトーンのときなどメーカーが指定する場合
  • 残留色素を取り除きたいとき
  • 透明感のある色にしたいとき
  • 新生毛から10~11レベル狙いのとき
  • トーンUP~トーンDOWN
6% × 1倍
  • メーカーが指定する場合
  • 残留色素を少し取り除きたいとき
  • 自然に明るく仕上げたいとき
  • 新生毛から9~10レベル狙いのとき
  • トーンUP~トーンDOWN
4.5% × 1.5倍
  • 残留色素を少し取り除きたいとき
  • 彩度を比較的高めに仕上げたいとき。
  • 明度を下げずに既染部に色を入れたいとき。
  • 新生毛から8~9レベル狙いのとき
  • トーンKEEP~トーンDOWN
4.5% × 1倍
  • 既染部の彩度を高くしたいとき、
  • 明度を下げずに既染部に色を入れたいとき。
  • 新生毛から8レベル狙いのとき
  • トーンKEEP~トーンDOWN

※このあたりから残留色素を取り除くことはできなくなる

3% × 1倍
  • 明度を下げたいとき。
  • 低アルカリの1剤を使用するとき。
  • ブリーチなどで、リフトした髪にオンカラーで色を入れるとき。
  • 新生毛から6レベル以下狙いのとき
  • トーンKEEP~トーンDOWN